小児用コロナワクチン接種を開始します

3月19日から、5才~11才対象で、小児用コロナワクチンの接種を開始します。以下は、接種後に渡す保護者むけの説明文書と子どもさん向けにできるだけわかりやすく書いた文書です。(今後の全国的な状況により、文書の表現が変更になることもあります。)よくお読みになり、接種ご希望の方はお申し込みください。ただし、予約開始時期、接種日時は、供給状況が分かり次第、アナウンスいたします。
【参考】厚労省発行のパンフ 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ)[PDF:4MB] へのリンク

①保護者むけの文書

コロナワクチンを受けられる子どもさんの保護者の皆様へ

2022年3月 西成民主診療所小児科
文責 西成民主診療所所長 大里光伸

・はじめに

 ワクチンとは、主に注射で、あらかじめ体に、ウィルスや細菌にたいして抵抗力(抗体)をつけることにより、その病気を未然に防ぐ薬剤のことです。コロナワクチンも例外ではありません。この文書は、そのワクチンのことをきちんと知ってもらうために、保護者と子どもさん向けに書いたものです。厚労省発行のパンフレットと合わせて、お読みになって、ご納得のうえ、コロナワクチンを受けられるようお願いします。

・コロナワクチンのこと

コロナの世界的な流行の中で、まず、成人用のワクチンが作られました。また子ども用(5才~ 11才用)のワクチンも、最近になって、日本でも国の認可があり、接種可能になりました。このワクチンは、厚労省パンフレットにあるように、接種した子どもの90%以上に病気を防ぐ効果があると言われています。(オミクロン株が出現する前のデータ)副反応は、注射局所のはれや発熱などです。インフルエンザワクチンより、やや多いという印象はありますが、重大な合併症は報告されていません。

このように、小児のコロナワクチンは、開発から短期間ながら、有効性は高く、接種をお勧めします。

・コロナワクチン接種をお勧めするわけ

先天的な病気、慢性の病気、障がいを持った子ども、かぜをひいた時に、ゼロゼロいう子どもなどには、接種すべきであり、お勧めしますし、健常児の場合にも、接種が望ましいと思います。これは、広く言われているように、まわりの人々を感染させないためという一面もありますが、ワクチンの本来の目的の個々の子どもを特定の病気から守るという点からです。子どもは重症化しにくいとも言われますが、考えてみてください。コロナという未知数の多い病気が相手で、今までのわずかなデータで果たして確実でしょうか?他の年齢では、呼吸困難など様々な合併症が報告されています。子どもとて、同じ「ヒト」の仲間です。思わぬ余病が出ないとは限りません。あなたの子どもをこうした事から守るためにもワクチン接種は欠かせないと感じる次第です。

・ワクチン接種の実際

接種対象年齢は、5才から11才までです。有効成分が3分の1のファイザー社製の、小児用コロナワクチンを使用します。ワクチンの費用は全額国が負担しますので接種の自己負担はありません。医師が担当して、通常、3~4週間の間隔で2回、肩に筋肉注射します。注射したあとは、15分以上待合室で休んでください。これは、注射後の強いアレルギー(アナフィラキシーショックと言います)を防ぐ目的です。

1回目の注射の時に、次回の接種日を案内しますので確認してください。

ワクチンをうつ前に、子どもさんが、コロナにかかってしまったら、隔離期間が明けて、3週間以上開けて、ワクチン接種をすることが望ましいでしょう。次の変異株に備えるためです。濃厚接触者になった場合も、同様です。接種時期などは診療所とご相談ください。

コロナワクチンは、今までのワクチン製造とは違った方法で作られるので、接種後の発熱、倦怠感などは、成人の場合、インフルエンザワクチンよりやや多いと思われますが、小児の場合は、成人より頻度は少ないと言われています。ワクチンの安全性や副反応について詳しくは厚労省発行のパンフレットをお読みください。

予防接種健康被害救済制度について

このワクチンで重大な合併症が出たときはこの制度が適応されます。もし、ご心配なことがありましたら、すみやかに診療所とご相談ください。

・最後に

このワクチンの接種はけっして「強制」ではなく、子どもさんの納得も含めて、保護者の方の同意が必要です。なにかの理由でワクチンを受けられない子どもへの差別的な言葉・行動は、あってはならないことです。子どもさんへの説明は、厚労省発行のパンフレットと診療所でも子どもさん向けのわかりやすい文書を用意しましたので、ぜひご活用ください。

②子どもさんむけの文書
(《》はふりがなです)

コロナワクチンを受《う》けたあなたに

2022年3月 西成《にしなり》民主《みんしゅ》診療所《しんりょうじょ》所長《しょちょう》 おおざとみつのぶ
あなたが、もっと小《ちい》さい赤ちゃんだったころに、ワクチン(予防《よぼう》注射《ちゅうしゃ》)をされて、痛《いた》かったことをおぼえていますか?でも、今《いま》までそのおかげで、そのときに注射《ちゅうしゃ》した病気《びょうき》にならなくて元気《げんき》にすごせるようになったのです。世の中にはいろんな病気《びょうき》がありますが、ばいきんやウィルスには、このようにワクチン(予防《よぼう》注射《ちゅうしゃ》)でかからなくする病気《びょうき》もあります。今《いま》、はやっている「コロナ感染症《かんせんしょう》」という病気《びょうき》もそのひとつです。ワクチン(予防《よぼう》注射《ちゅうしゃ》)を受《う》けることで、大部分《だいぶぶん》の子《こ》どもが、その病気《びょうき》にかからなくなったり、かかっても軽《かる》くなったり、まわりの人《ひと》にうつさなくなったりします。もちろん、少《すこ》し体《からだ》を休《やす》めると、自然《しぜん》となおる病気もたくさんあります。ふつうの「かぜ」などは、そうですね。体のなかに、ばいきんやウィルスをやっつける力がついてくるのです。でも、コロナはそういうわけにはいきません。そこで人間《にんげん》の手《て》でやっつける力《ちから》をつけるようにしたのが、ワクチン(予防《よぼう》注射《ちゅうしゃ》)です。
このようにワクチン(予防《よぼう》注射《ちゅうしゃ》)は、自分《じぶん》のからだとはちがったものです。だから、注射《ちゅうしゃ》したあとは、うでがはれたり、場合《ばあい》によっては、「ねつ」がでたり、からだがしんどくなったりします。そんな時《とき》には、かならずお父さん、お母さんやまわりの大人《おとな》の人《ひと》に言《い》うようにしてください。また、注射《ちゅうしゃ》したあとは、15分以上《いじょう》は、待合室《まちあいしつ》でやすんでください。

注射《ちゅうしゃ》は、3から4週間《しゅうかん》あけて2回《かい》、肩《かた》にします。つぎのときも、わすれずに来《き》てくださいね。まっています。

診療所《しんりょうじょ》の職員《しょくいん》はみなさんの味方《みかた》です。だから、ひとつ約束《やくそく》をしてくださいね。友《とも》だちがワクチン(予防《よぼう》注射《ちゅうしゃ》)を打《う》たなかったりしてもその友《とも》だちのことのことを悪《わる》く言《い》ったり、いじめたりしないでください!いろんな理由《りゆう》(わけ)で、打《う》てない、打《う》たない人《ひと》も友《とも》だちにかわりありません。私《わたし》たちは、明日《あした》から、みなさんが元気《げんき》に、学校《がっこう》や保育園《ほいくえん》、幼稚園《ようちえん》などで友《とも》だちと遊《あそ》んだり、しっかり勉強《べんきょう》できることを心《こころ》からねがっています。わからないことや不安《ふあん》や疑問《ぎもん》に思《おも》っていることなど、なんでも私《わたし》たちに聞《き》いてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。