5月3日憲法集会に参加しました

 

2022年5月3日扇町公園で開催された「輝け憲法!おおさか総がかり集会」に組合員と職員が参加しました。

 

ウクライナ情勢に便乗した憲法改憲や核共有ではなく、憲法を活かしわたしたちの暮らしが平和でいのちが最優先にされる社会を求めて声をあげました。

また、人の不幸で利益を追求するカジノにきっぱり「No!」の意思を示し、全国的にも遅れをとっているコロナ関連の対策に注力を求めます。

 

組合員活動部 西成事務所 小田

西成エリア版機関紙「さわやか」5月号をお送りいたします

いつも大阪きづがわ医療福祉生協の機関紙をお読みいただきありがとうございます。

機関紙みらいとは一味違った、西成エリアの機関紙「さわやか」を一足早くホームページでお届けいたします。

【内容】
・私が語る医療福祉生協の魅力⑧ 千本中南支部 吉田茂行運営委員

・地域にあってよかった!事業所紹介⑦まつぼっくり  など

介護複合施設「いそじ」の見学行動をおこなっています

2022年5月より「元気で長生き夢ぷらん」の集大成で介護複合施設いそじがオープンします。

 

4月9日の竣工式以降、各支部で新しい施設の見学行動をおこなっています。

 

港区磯路には「さくら通り」という桜並木があります。見学ツアーの際はちょうど満開、春の訪れと新規事業の開始を感じました。

 

感染対策のため2班にわかれて見学開始。建物前の写真です。

 

道路に面したリビングです。何より窓が大きいのがいい!

西成エリアでは今後も見学ツアーをおこないます。

参加された皆さんは口々に「西成にもこんな施設」欲しいな~と話されます。

夢を拡げて次は西成で建設だ!

お誕生日訪問を再開しています

 

大阪きづがわ医療福祉生協西成エリアでは各地域の支部が主体となって誕生月の組合員さんを訪問する「バースデー訪問」を実施しています。

 

医療福祉生協からささやかなプレゼントとして歯ブラシを届け、健康診断やワクチンの案内など取り組みをお伝えしています。

 

10年以上取り組んでいるので「今年も来てくれたんやね」「待ってました」と温かく声をかけて頂きます。

 

訪問行動は支部が中心となり、支部の運営委員さんがおこなっています。いつもありがとうございます。

西成エリア版機関紙「さわやか」4月号をお送りいたします

いつも大阪きづがわ医療福祉生協の機関紙をお読みいただきありがとうございます。

機関紙みらいとは一味違った、西成エリアの機関紙「さわやか」を一足早くホームページでお届けいたします。

【内容】
・私が語る医療福祉生協の魅力⑦ 天下茶屋・聖天下支部 伊藤支部長

・地域にあってよかった!事業所紹介特別編 新事務長就任のご挨拶  など

ロシアのウクライナ侵略に反対する宣伝行動をおこないました

3月16日天下茶屋駅にて「ロシアによるウクライナ侵攻に反対宣伝行動」をおこないました。

組合員5名、職員5名が参加しいのちとくらしを守る医療福祉生協の組合員として職員としてロシアのウクライナへの侵略に反対し、戦争反対を呼びかけました。まん延防止等重点措置発令中のため感染対策を十分にとりながらおこない、手渡しの配布はおこなわないなど工夫しました。

プラカードを掲げていたのが目についたのか若い子育て世代の方が「戦争反対です」と声をかけて頂き、また小学生が「戦争は怖い」と素直な気持ちを伝えてくれました。

 

↓↓自作のシールをマスクに貼りロシアによる侵略行動への抗議の意思を伝えています。

 

↓↓こちらのプラカードをかかげました。わたしたちは医療・介護に関わるものとしてあらゆる戦争・侵略行為に反対します。

 

助け合いの会「たんぽぽ」活動報告

〇2月28日

組合員さん宅の玄関の、木製構造物の解体作業を行いました。ドライバーとハンマーで部品を取り外し、1時間ほどで完了しました。

 

〇 3月7日

組合員さん宅の照明器具と通気口の掃除を行いました。通気口にはほこり取りシートを取り付け、1時間ほどで完了しました。

いずれの活動も、組合員さんが一人で行うのは少し難しい作業でしたので、大変喜ばれました。この活動は、組合員さんの生活にとって大切なものだと実感しました。

コロナの感染状況が落ち着くまでは、職員が支援を行うため、活動件数や内容に限界はあります。やむを得ずお断りしたケースもあります。しかし、助け合いで解決できない場合も、専門の業者や機関に引き継ぐなど、できる範囲で協力しますので、お困りごとはお気軽に組合員活動部にご相談ください。

利用の相談は助け合いの会たんぽぽ事務局まで

組合員活動部 趙

06-6658-7400

 

西成エリア版機関紙「さわやか」1月号をお届けします

いつも大阪きづがわ医療福祉生協の機関紙をお読みいただきありがとうございます。

機関紙みらいとは一味違った、西成エリアの機関紙「さわやか」を一足早くホームページでお届けいたします。

【内容】
・私が語る医療福祉生協の魅力④ 中支部 山下支部長

・地域にあってよかった!事業所紹介④ 組合員活動部 西成事務所 など

オンライン体操に参加してみませんか?

オンライン体操に参加してみませんか?

大阪きづがわ医療福祉生協ではコロナ禍に家でもできるテレビ会議システムZoomを使用し「きづがわ体操」をおこなっています。

体操の講師は大阪きづがわの職員の理学療法士や作業療法士、運動療法指導士など専門家がおこなっています。

時間は全体で1時間と少しハードですが、コロナ禍の外出自粛で運動不足という方は是非ご参加下さい。

企画の中で講師に直接「○○が痛い」と伝えれば改善の体操をレクチャーしていただく機会もあります。

参加費はもちろん無料!
まずはお気軽にお申込み下さい。

【きづがわ体操】
体操の実際は、Youtube きづがわチャンネルでご覧ください。
定例開催日:第2土曜14時30分~15時30分
参加方法:Zoom(パソコンかスマホが必要となります)
申込先↓↓↓↓
メール:mirai1@osaka-kizugawa.coop
西成事務所 06-6658-7400
港事務所 06-6571-0606
大正事務所 06-6554-1383

再会と再開にあふれる笑顔

10月1日から緊急事態宣言が解除され、大阪きづがわ医療福祉生活西成エリアでは各支部が”班活動”を再開しはじめました。
天下茶屋・聖天下支部では「百歳体操」を10月18日たちばな会館で開催し、12名の参加がありました。宣言発令中に誰とも会えず、久々に仲間と会えたこと・体操班会をおこなえたことに参加者から喜びの声がたくさんありました。
また、10月入職の職員が(写真手前)研修として班活動に参加し、組合員さんに自己紹介を。「緊張しました、医療生協は医療や介護の取り組み以外に色んな活動をしているんですね」と感想を頂きました。

【11月百歳体操】
日程:11月15日(月)10:30~
場所:たちばな会館
※感染対策のため定員があります。参加希望の方は必ず以下までお申込をお願いします。

西成エリア 組合員活動部 06-6658-7400